スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の芸術@アンテロープキャニオン

アメリカに住んでいる間にどうしても行ってみたかった場所のひとつ、アンテロープキャニオン。

アンテロープキャニオンのある町、Pageまでは、LAからだと10時間くらい。中間地点にラスベガスがあるようなイメージです。

アリゾナの景色はどどーんと広い。とてもきれいな雲も出ていて、でっかいアメリカをかみ締めました。

Page

Page

アンテロープキャニオンは、ナバホ・インディアンの居住地内にある幅の狭い谷で、砂岩が長い年月を経て鉄砲水や風に削られて作られたそうです。

アッパー・アンテロープ・キャニオンとロウワー・アンテロープ・キャニオンの2つがありますが、私達はアッパー・アンテロープ・キャニオンに行くツアーに参加しました。(アッパー・アンテロープ・キャニオンは、ツアーでしか入ることが出来ません。)

Pageの町中のモールにあるツアー会社の前からツアーの車に乗って出発です。20分位で到着。

Page

Page

Page

ガイドのおじさんが、この岩はクマみたいでしょ?とか、インディアンの酋長みたいでしょ?とかいろいろ説明してもらいつつ、写真のいいアングルとかを教えてもらいつつ、狭いキャニオン内をすすみます。

キャニオン内は、オレンジピンクの穏やかな光につつまれた幻想的な世界。

Page

アンテロープキャニオンに行くなら、お昼が一番だそうです。それは、太陽の光が丁度真上から当たるから。

ガイドのおじさんが、砂をまいたりしてきれいな写真が撮れるようにサポートしてくれます。

Page

ハートに見えるかな?

Page

Page

Page

Page

私のコンデジで撮った写真でもこんなにきれいに撮れるんだからびっくりです。そりゃあもう誰が撮っても芸術写真です。

旦那が撮ったアンテロープキャニオンの写真もよかったら見てみてください。

gyuchanの写真日記

*アンテロープキャニオンのツアー自体は1時間ほど。
*昼のツアーはちょっと高いが、昼に行くべき。
*一般のツアーは三脚持ち込み不可。他にフォトグラファーツアーがあり、こちらはOK。
*しっかりとした靴で来てくださいと書いてあったが、ビーチサンダルの人もいた。
*キャニオン内の写真を撮るときは、地面を入れて撮るとかっこいい写真が撮れる(旦那談)。

Overland Canyon Tours‎
48 North Lake Powell Boulevard
Page, AZ 86040
(928) 608-4072

Departure Times:
8:15 * 10:15 * 12:15 * 2:15 * 4:15

Regular tours:
Non Prime Time Tours
8:15 * 2:15 * 4:14
Adults: $35.00 * Seniors: $30.00 * Kids: (8-12 years)$28.00 * Kids under age of 7 years are free. Prices include Tax and Navajo Park Fee.

Prime Time Tours
10:15 * 12:15
Adults: $46.00 * Seniors: $41.00 * Kids: (8-12 years$35.00 * Kids under age of 7 years are free. Prices include Tax and Navajo Park Fee.

アンテロープキャニオンの後は、レイクパウエルに寄り、Glen Canyon National Recreation Areaで、ダム見学。

高所恐怖症のわたしは足がすくみました。

Page

ここでもJr. RangerバッジをGet。
アリゾナ、ユタ、ネバダあたりのJr. Rangerバッジが展示されていました。いっぱいあるんだなー。

Page

Pageからラスベガスは5時間ほど。

途中雲行きがあやしくなり、遠くの大雨や雷が見えるなーと思ったら、

Page

大雨エリアに突入。いやーすごかった。

Page

そしてギラギラのラスベガスに戻ってきました。

Page

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくおねがいします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
スポンサーサイト

テーマ : ロサンゼルス - ジャンル : 海外情報

お気に入りの「ろく助塩」 風味最高♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。